高級腕時計メディア | saij

時計を「借りたい人」と「貸したい人」が出会うサービス

オーデマ・ピゲ

世界三大時計Audemars Piguet。ROYAL OAK OFFSHOREの魅力とは?

投稿日:

高級腕時計と言えば、ROLEXやOMEGA、TAG Heuerがいち早く思い浮かぶ方も多いでしょう。確かに、知名度が高く、身に付けることでステータスを得ることができることもあり、誰もが一度は憧れる腕時計ブランドです。しかし、一流のセレブにとっては、これらのブランドを超越する高級腕時計ブランドが存在します。それが「世界三大腕時計ブランド」と言われる3つの高級腕時計ブランドの1つ「Audemars Piguet」(オーデマピゲ)です。

Audemars Piguetは今から100年以上も前、1875年にスイスのジュウ溪谷で誕生しました。創業以来、家族経営による独立精神を貫き、伝統と革新性に満ちた時計の数々は、世界中のセレブをはじめとする、多くの人々を魅了し続けています。また腕時計が一流であることは当然として、提供されるサービスも超一流。Audemars Piguetでは、創業以来製造した全ての時計の修理保証をしているほか、本社のあるジュウ溪谷にあった現存しない時計会社の懐中時計の修理までも受け持っています。

ROYAL OAK OFFSHOREとは?

今回ご紹介する腕時計はAudemars Piguetの定番モデルであるROYAL OAKシリーズのひとつである「ROYAL OAK OFFSHORE」(ロイヤルオーク オフショア)です。見た目的な特徴はもちろんのこと、その性能についても詳しくみていきましょう。

ROYAL OAKの人気を受けて、1993年に登場したコレクションROYAL OAK OFFSHORE。今でこそROYAL OAKの派生モデルの中でも人気を集めるモデルとして有名ですが、誕生当初は世の人々にあまり受け入れられなかったという過去を持ちます。

ROYAL OAK OFFSHORE の特徴と魅力

ROYAL OAK OFFSHOREは見た目からも分かるように、ROYAL OAKをより男性的に、パワフルにグレードアップしたスポーツタイプの腕時計です。日本語訳で「オフショア-沖-」の名前の通り、高い防水性と堅牢性が故に、ケースにボリュームを出すことになりました。さらに、OFFSHOREの中でも「クロノグラフ」と「ダイバー」との2タイプに分かれますが、いずれもスポーティーでありながら、どこか上品な洗練された印象を受けます。

機能性だけでなく、見た目の美しさも限りなく追及されたROYAL OAK OFFSHORE。デザインはエマニュエル・ギュエ氏という、当時若干22歳の若手デザイナーが手掛けています。当時まだまだ若手だったエマニュエル・ギュエ氏ですが、後年はROLEXのデザインも手掛けています。ROYAL OAKと比較するとサイズが大きく、取り扱いサイズは42mmまたは、44mmの2種類。加えて、厚み・ベゼル・タペストリーなど全てが大きめに作られており、ややROYAL OAKよりもごつごつとした印象があります。

また、ROYAL OAK OFFSHOREはステンレス以外の素材やカラーを積極的に入れており、派生アイテムの多さがコレクターズアイテムとしても注目をされています。そんなROYAL OAK OFFSHOREですが、結論、腕時計の”デカ厚ブーム”が到来したことをきっかけに、一気に人気モデルへとシフトしたのです。立ち位置としてはROYAL OAKよりもROYAL OAK OFFSHOREの方が少し各上であると考えて問題ありません。

ROYAL OAK OFFSHOREモデルの違い

最後にROYAL OAK OFFSHOREの中でもクロノグラフとダイバーの違いについて簡潔にまとめます。最初にクロノグラフが登場したのは1993年。42mmのフェイスが特徴的なクロノグラフは、ベゼルもケースもブレスレットもとても肉厚。そこにクロノグラフが付いているため、スッキリとしたデザインが特徴的なROYAL OAKとは対照的で、少しごちゃごちゃとした印象を受けます。しかし、ビッグサイズのタペストリーが施されたダイヤルが端正にセッティングされており、パワフルなものの武骨さは全くありません。このクロノグラフは2017年にモデルチェンジが行われ、プッシャーがラバーコートからセラミックへと変更されました。モデルは「26470ST」「26401RO」「26400IO」の計3種類です。

次に、2010年にコレクションに追加されるいなや、瞬く間に人気となったダイバーはご存知の通りダイビングに特化したプロフェッショナルウォッチ。高い防水性・気密性でもって深海の水圧にも負けない堅牢性を所持する正真正銘の”強い”時計です。実際にダイビングに使用する人はそう多くないかもしれませんが、ダイバーのデザインが好き、という方が非常に多く、加えて日常でもアウトドアシーンでもガンガン使える利便性から非常に注目を集めています。とは言え、その防水性は300mと非常に優れているため、実際にダイビングに使用してもなんの問題もなさそうですね。ラインナップとしては、42mmまたは、37mm、基本の3針+デイトモデル他、クロノグラフ搭載機やダイヤモンドをセッティングしたゴージャスなモデルも存在します。スポーツウォッチでありながらラグジュアリーな雰囲気も満載なので、社交の場でも安心して利用できます。モデルは「15710ST.OO.A002CA.02」「26703ST.OO.A070CA.01」「15703ST.OO.A002CA.01」の計3種類です。

最高の一本は ROYAL OAK OFFSHORE

いかがでしたか?この記事ではAudemars Piguetの人気シROYAL OAK OFFSHOREリーズROYAL OAK OFFSHOREについてご紹介しました。一口にROYAL OAK OFFSHOREと言っても「クロノグラフ」と「ダイバー」、そしてそこから各3種類のモデルがあるので、実際にご自身の手に取り、これだ。と感じる腕時計をお選びください。

-オーデマ・ピゲ

執筆者:


comment

関連記事

厚さ6.7mm!Jules Audemars Extra-Thinの魅力とは?

世界中にファンを持つ Audemars Pigue(オーデマピゲ)はスイスに拠点を置く、老舗の時計メーカーです。その歴史は古く、今から約140年以上も前の1875年にジュール=ルイ・オーデマと&nbs …

今年で20周年。ROYAL OAK CHRONOGRAPHの世界観。

スイスきっての名門腕時計ブランドAudemars Piguer。Patek PhilippeやVacheron Constantinと並び、世界三大腕時計ブランドとして名を馳せています。数あるAude …

手元から毎日をActiveに。

仕事も遊びも全力で楽しむことが人生の価値であると思う。
そんなカッコいい大人は、自然と身に付けるモノへもこだわりが生まれてくる。
それは、自分自身を写すモノから。
身に付けるものを変えることで、
外見も、また、内面でも演出することができる。
毎日をActiveに彩る。

様々な時計使うことができる。

自分を演出したい時、または時計が必要となる時に、
シーンやシュチエーションに合わせて、自分自身を表現することができる。
ex:デート、プロポーズ、重要な会議、海外旅行など
身につけることで、意識が変化し、行動が変わる。
いつもと違う、新しい自分を発見できる。